ミセルDライン 検証

ミセルDラインの検証~口コミの真実を大公開!

ミセルDラインを徹底検証!本当に”愛され二重”になれるの?

ミセルDラインの検証

 

アットコスメのクチコミランキングで第1位を取るなど、

二重まぶた用アイテムの中でもひときわ話題の「ミセルDライン」。

 

実際、口コミを見ても

「自然な二重まぶたが手に入った!」「一週間で二重の線がついた!」など

購入者の喜びの声が多数寄せられています。

 

しかし・・・

 

自由に何でも書けるのがインターネット。

本当のところはどうなのか?気になりますよね。

 

 

そこで、実際に購入・使用している管理人が、
ミセルDラインの口コミと効果を徹底検証しました。

 

当サイトでは、
体験談を通してミセルDラインの真実を包み隠さず公開しています。

 

 

 

管理人によるミセルDラインの検証結果

 

左の写真は、ミセルDラインを使い始めてから約3ヶ月後の

管理人の目です。

 

まぶたにうっすらと線が入っているのがわかりますか?

 

この写真では、ミセルを含めてアイプチなどの二重用アイテムは、
いっさい使用していません。
メイクはしていますが、
二重の加工は何もしていない状態です。

 

もともと私は、厚ぼったい一重です。

まぶたの脂肪も多く、重たい印象の目でした。

 

それが、ミセルDラインを使い始めて約3ヶ月でまぶたがスッキリし、
完全な二重とはいかないまでも、うっすらと線がつきました。

 

 

 
綺麗な二重に憧れてアイプチで何度か試してみましたが、不自然で限界があり、今回こちらを購入しました。

ミセルDラインを使ってみて、粘着力が弱く、寝る時に付けるとジェルはネバついた美容液みたいです。昼間使うフォーマーは粘着というよりはまぶたの肉が入っていく感じで、すごく自然な二重が完成しました。

1本使い切る頃ですが、昼間何もつけなくてもラインがキープされています。あながち嘘じゃないみたいで良かったです。

(24歳・@cosmeクチコミより)

 

 
ジェルはグロスのようなチップタイプで、透明でさらっとしています。ベタつきはなく、まぶたにすーっと伸びてナチュラルに馴染む感じがあります。まぶたがすっきりして引き締まるような気がしました。
何度か使っているうちにフォーマーでラインをつけたところに二重のクセがついてきて、リムーバーで落とした後も戻りにくくなってきたような気がします。

(40歳・@cosmeクチコミより)

 

 

私の場合は約3ヶ月かかりましたが、

口コミ通り、何もつけなくても二重っぽい線がつきました。

 

今はまだ、毎朝フォーマーで二重を形成していますが、

まぶたが整えられたことで

思い通りの自然な二重を簡単に作ることができています。

 

また、継続使用してきた中で、

最終的な自力二重への手ごたえも感じている毎日です。

 

 

 

強引な自力二重にひそむ危険性

 

整形手術ではなく、夜寝ながらアイプチをするなどして、

自力での二重を目指したりしていませんか?

 

ひたすら強制的に二重のクセ付けをするというある意味”力技”ですが、

これには以下のような危険性があります。

 

まぶたが伸びる、たれる

昼間だけでなく、夜もアイプチをするということは、

一日中まぶたに力をくわえていることになります。

 

これでは、まぶたが休まる暇がありません。

 

たとえ今は良くても、長い期間続けるほど

加齢とともにまぶたが伸びる可能性は高くなります。

 

こうなっては、もはや二重どころではありません。

 

 

まぶたが荒れる

アイプチやアイテープなどは、要するに「接着剤」です。

 

デリケートなまぶたに接着剤をつけて寝るということが

いかに危険であるかを認識すべきでしょう。

 

工作や家庭で使うボンドをまぶたに塗っている状態、

これを想像していただければわかるかと思います。

 

 

取り返しのつかない時間

上記のようなリスクをおかしてまでアイプチをし続けても、

必ず二重になれるという保証はありません。

 

まれに「寝ながらアイプチをしたら二重になれた」

という書き込みをネットで見かけますが…、

 

このような人はもともと、
二重の素質がある”恵まれたまぶた”と言えます。

 

反対に、二重になりにくい人が自分に合わない強引な方法を続けても

最悪、時間の浪費に終わってしまうでしょう。

 

時間の浪費、つまり、それだけ年齢を重ねていることになり、
エイジング(=加齢)によって二重のクセ付けはますます困難になります。

 

 

 

美容整形のデメリット

 

二重を目指す最終手段として、美容整形手術があります。

 

「埋没法」や「切開法」などといった名前を

あなたも聞いたことがあるかもしれませんね。

 

しかし、この二重手術にも実はいろんな問題点があります。

 

    • 高額な費用がかかる(数万~十数万円)


    • メスを入れる切開法ではやり直しがきかない


    • 埋没法では数年で元に戻ってしまうことが多い


    • 思い通りの二重にならなかった場合の失敗

 

 

高額な出費をしてまで整形したのに、思い描いていた二重になれなかった…

 

これでは、目も当てられませんよね。

 

 

 

リスクなしで二重を手に入れられるミセルDライン

 

ミセルDライン

 

その点、ミセルDラインならメス不要で

気軽に二重まぶたを目指すことができます。

 

使い方はとても簡単で、

 

  1. 夜、ミセルDラインジェルをまぶたに塗って寝る
  2. 翌朝、洗顔後にフォーマーで二重を作る

 

たったこれだけなので、他のアイプチに慣れていればまったく問題ありません。

 

 

重要なのは、夜に使うミセルDラインジェル。

寝ている間にまぶたへ浸透し、二重を作りやすい状態にしてくれます。

 

皮下細胞レベルまで浸透するこのジェルを毎晩使い続けることで、

二重を作りやすいまぶたへと育成するイメージですね。

 

厚ぼったい一重や不揃い二重など、たとえ不利なまぶたでも
理想の二重のための土台作りをしてくれます。

 

 

しかもジェルは塗るだけであり、接着をするわけではありません。

ですから、使い続けてまぶたが伸びるといった危険性もないのです。

 

むしろ、美容成分が配合されているので、

寝ている間に浸透することは肌にとっても好都合と言えます。

 

 

こうして整えられた翌朝のまぶたはとてもスッキリ。

自分の思い通りの二重が作りやすい状態となっています。

 

実は私自身、手先が不器用でアイプチやメザイクなどは苦手なのですが、そんな私でもサクッと二重が作れてしまいます。

 

忙しい朝は1分でも惜しいくらいなので、

メイクの時短効果は非常に助かりますよね。

 

 

夜のジェルと朝のフォーマー。

ミセルDラインはこの2つで真価を発揮します。

 

ワンセットで使い続けることにより、

私のような一重まぶたでも線がつき始めたのです。

 

かなり重たい私のまぶたでも約3ヶ月で線がついたのですから、

もっと恵まれたまぶたであれば短期間で効果が表れる可能性は高いと思います。

 

 

 

ミセルDラインを楽天やアマゾンで買うのはNG

 

普段、私もよく利用する楽天やアマゾン。

とっても便利でお世話になっているサイトですが・・・

 

ミセルDラインを楽天やアマゾンで購入することは

オススメできません。

 

理由は次の通りです。

 

 

類似品の可能性がある

ミセルは人気商品です。

そして、人気商品には類似品が出回る可能性が高いです。

 

私は楽天やアマゾンでミセルを買ったことがないので

確かなことは言えないのですが・・・

 

やっぱり、体につけるものですから、

怪しいものは手にしてほしくないと思っています。

 

ミセルDラインは公式サイトからお求めくださいね。

 

オークション等に出品されているものは論外ですよ。

 

 

返金保証がつかない

私には必要なかった制度ですが、

ミセルDラインには45日間の返金保証がついています。

 

「使ってみたけど自分には合わなかった」という場合に

所定の手続きをすれば商品代金を返金してくれる制度です。

 

 

しかし、この制度を利用できるのは公式サイトからの購入者のみ。

楽天やアマゾンで買ってしまうと適用外になってしまいます。

 

私は胸を張ってミセルをおすすめしていますが、

やっぱり初めて買うときは不安がありますよね。

 

どうせ購入するのなら、返金保証付きの公式サイトが安心と言えます。

 

 

※返金保証の注意点としてもう1つ。

「定期プラン」での購入も返金保証が適用されません。

 

定期プラン

▲公式サイトからの購入でも「定期プラン」は返金保証対象外。

 

 

試してみたいけどちょっと不安という場合は、

はじめは返金保証のある「その都度購入」で買うことをオススメします。

 

ぜひあなたも、リスクなしで二重を手に入れてくださいね。